« 「韓国からの通信」 | Main | 惨劇1歩手前(1) »

August 17, 2005

喧騒の隣で

Pmito39 夏真っ盛り。ここ福井県敦賀市にある通称"気比の松原"の海岸は、関西方面からきた多くの海水浴客でにぎわっている。その海岸から僅かなところに水戸天狗党の墓がある。
 うだるような暑さの中、蝉の鳴き声が暑さを攪拌する。普段、どのくらいの人が訪れるのか推し量りようもないが、私たち夫婦が訪れたときは人一人いない中録音されたガイドが流れていた。「水戸烈士遺族顕彰会」の看板生々しさがこの出来事が遠い日のことではないように見える。

P8mito40 現在、武田耕雲斎をはじめとする党員は写真でも分かるように、手入れの行き届いた松林の中で手厚く葬られている。ただ墓の形が私には見慣れたものではない。

Pmito43 「討死」の文字が生々しく迫ってくる。悲劇としか言いようがない。

|

« 「韓国からの通信」 | Main | 惨劇1歩手前(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30767/5509265

Listed below are links to weblogs that reference 喧騒の隣で:

« 「韓国からの通信」 | Main | 惨劇1歩手前(1) »