« 惨劇1歩手前(4) | Main | 友人のコンサート »

September 16, 2005

惨劇1歩手前(5)

JR東日本から返事がありました。
以下そのまま引用します

…………………………………………………………………………………………………
◆JR東日本より回答いたします◆
いつもJR東日本ならびにJR東日本ホームページをご利用いただきましてありがとうご
ざいます。
このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。

ご回答が遅くなり誠に申し訳ございません。また、当該列車をご利用の際にお客さまには大変不安な思いをおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
8月20日、中央線山梨市駅停車中の第549M列車の車内で旅客がガラスを割った後に、上り第442M列車に乗車して逃走したという情報が入りました。この第442M列車はお客さまがご乗車くださいました列車でございます。弊社も第442M列車に列車のガラスを割った旅客が乗車したとの情報を得た際に、駅社員の手配及び警察への連絡を行い、塩山駅において当該旅客を確保することとしました。塩山駅到着時はドアの開扉を一旦見合わせておりましたが、当該旅客の確保が可能と判断し、速やかにドア開扉したものでございます。車内でトラブル等が発生した場合については、関係部署と密接な連携をとり適切な対応を行うよう努めているところでございますが、このたびは車内のお客さまに大変不安な思いをおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。今後につきましても車内のお客さまの安全を最優先とし、適切な対応を迅速に行ってまいりますので、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


今後も、みなさまに愛され、親しまれるJR東日本をめざしてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。
                          東日本旅客鉄道株式会社
…………………………………………………………………………………………………


 なんか力が抜けた。何を考えているのだろう。
 でもまあ、乗客の安全など微塵も考えていないことがわかった。
 これから先、どうしようか悩ましい。

|

« 惨劇1歩手前(4) | Main | 友人のコンサート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30767/5971086

Listed below are links to weblogs that reference 惨劇1歩手前(5):

» 硬化する治安意識 [目森ブログgoo]
 まず、何があったのか、事情を述べておこう。  友人のぱらむさんという方が、8月20日に、JR中央線沿線にある入笠山へ行った帰り、普通列車内に上半身裸で意味不明な言葉を叫ぶ男がいた。男は、6両編成の列車内を行ったり来たりしながら、消火器を持って暴れ、自傷し、血まみれになった。  山梨市駅に到着してもドアは開かなかった。車掌が開けなかったのだ。  乗客は車内に缶詰になった。  自力で窓から脱出する人々もい... [Read More]

Tracked on October 12, 2005 at 07:12 PM

« 惨劇1歩手前(4) | Main | 友人のコンサート »