« December 2005 | Main | March 2006 »

February 03, 2006

惨劇1歩手前(13)

少しだらけていたのですが、過日また質問を送った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下質問)
 442M列車での事件について六度目の質問です。
1.JR東日本はこのような事件に対するマニュアルはお持ちでしょうか?
2.あるとしたら、それはどのようなものでしょうか?
3.あるとしたら、車掌や駅員はそのマニュアル通りに行動したのでしょうか?
4.私の個人的見解では、暴漢確保は二の次で、車掌は駅に停車すると同時に速やかにドアを開け、乗客を安全な場所に誘導するべきだったと思うのですが、いかがでしょうか。
 1~4つの質問に項目別にお答え頂きたく思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(質問終わり)

これに対しての返事が来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下返事)
お問合せの内容につきましては、
1.乗務員は異常な事態が発生した場合は、その状況を確認し列車の運行を管理する関係部署などに連絡し、関係部署から警察等へ通報することとしております。
2.指導マニュアルとして携帯しております。
3.今回の事象に関しましては、関係部署に連絡し駅社員の手配や警察の要請も行っておりますので、異常な事態における必要な連絡は行っていたものと考えております。
4.しかしながら、状況に応じた迅速な対応が遅れたことは、当社として反省すべきことでございます。繰り返しになりますが、今後もお客さまの安全を最優先とし、適切な対応を迅速に行ってまいりますので、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(返事終わり)

 3.の質問の答えがはぐらされています。私は駅員やら車掌の具体的動きが「マニュアル通り」であったかかどうかを聞いているのであって、「連絡した」のどうのとは聞いていません。質問の仕方も悪かったようです。でもひょっとしたらマニュアルは「連絡」することしか指示していないのかもしれません。この点さらに追求する必要があるようです。
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | March 2006 »